虫歯

虫歯

虫歯について

お口の中や歯の表面には、歯垢などの汚れがついており、虫歯の原因となるミュータンス菌(虫歯菌)がたくさん存在します。ミュータンス菌は、食物の糖質を摂取・分解し、酸を作り出します。この「酸」により歯が溶かされてしまい、虫歯となるのです。

虫歯の進行段階と治療法

虫歯の初期状態

C0(シーゼロ) 虫歯の初期状態

歯のエナメル質の表面が酸によって白く濁った状態、もしくは溝が茶色になった状態です。

<治療法>
この状態なら、まだ再石灰化(エナメル質の修復)が期待できますので、しっかりと歯磨きをして進行を防ぎましょう。

虫歯の中期状態

C1(シーワン) 虫歯の中期状態

歯のエナメル質に細菌が入り、穴が開いた状態です。この時点では、まだ痛みを伴う自覚症状はありません。

<治療法>
ここまで進行すると再石灰化は期待できませんので、虫歯の部分を取り除き、修復材を詰めます。

虫歯の後期状態(初期)

C2(シーツー) 虫歯の後期状態(初期)

細菌が象牙質(歯の主要部)まで達した状態です。大きくなると冷たいものがしみ、キリキリと痛みを感じます。

<治療法>
C1と同じように虫歯の部分を取り除き、修復材を詰めます。

虫歯の後期状態(中期)

C3(シースリー) 虫歯の後期状態(中期)

歯の神経まで細菌が侵入した状態です。炎症を起こし激しい痛みを感じます。熱いものや飲み物がしみるようになります。

<治療法>
虫歯の部分を除去し、詰め物や被せ物をします。

虫歯の末期状態

C4(シーフォー) 虫歯の末期状態

歯の根だけが残った末期の状態です。神経が死んでしまうため、痛みは感じなくなります。しかし、さらに放置すると根の先まで細菌が侵入し、膿がたまります。こうなると、口臭もひどくなり、硬い物を噛んだりすると強烈な痛みや違和感があるようになります。

<治療法>
ここまで進行した歯は抜くしかありません。抜歯後、喪失した歯を補うためブリッジ・入れ歯(義歯)もしくは、インプラントという選択肢になります。

虫歯を防ぐ一番の対策は、予防をすることです。
虫歯は治療せずに放っておくと、どんどん悪化していく病気です。悪化させないためにも、定期的に歯科医院での検診を受けていただくことが重要です。nurse

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る

かとう歯科クリニック(難波)

〒542-0076 大阪市中央区難波5-1-5 高島屋西館B1F(なんばスカイオ)