入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

入れ歯をしていて、このようなお悩みはありませんか?

  • 食べたり話したりすると、入れ歯が外れてしまう
  • 隙間にすぐ食べ物が挟まってしまい、噛むと痛い
  • 固いものが噛めず、食べ物の熱さや冷たさも分からない
  • 入れ歯のバネがかかっている歯が痛い
  • 入れ歯がこすれて、歯肉に傷ができている
  • 歯ぐきが痩せて、入れ歯が段々合わなくなってきた
  • 入れ歯がすり減って、上手く噛めなくなってきた
  • 入れ歯の汚れや黄ばみが気になる
  • 入れ歯安定剤を使わないと、安定しない
  • そもそもこの年齢で、入れ歯なんて付けたくない!

合わない入れ歯と、さようなら

合わない入れ歯とさようなら

入れ歯(義歯)は、歯を失った方にとって大変身近な治療法ではありますが、「噛むと痛い」「すぐ外れてしまう」など、合わない入れ歯にお悩みの方も多くいらっしゃると思います。合わない入れ歯は、食事や会話を思うように楽しめなくなるだけでなく、歯ぐきやお口の粘膜を傷つけて、感染症を引き起こすこともあります。
入れ歯が合わない理由の1つとしては、作製時に患者さまのあごの筋肉や関節、舌といったお口の動きをしっかりと考慮していないことがあげられます。

当クリニックでは、事前に入念な検査を行い、保険・自費にかかわらず患者さまお一人おひとりにピタッと合う、最良の入れ歯をお作りするように努めております。また、金属の連結部分やバネの無い、快適な入れ歯もご用意しておりますので、「入れ歯は合わないもの」と諦めてしまわずに、ぜひ一度当クリニックまでご相談ください。

入れ歯(義歯)の種類

レジン床義歯

床(歯ぐきにあたる部分)が、プラスチックのようなレジンという素材でできた、一般的な入れ歯です。
強度を保つために分厚く大きく作る必要があるので、食べ物の温度が伝わりにくく、違和感やしゃべりにくさといった難点があります。また、部分入れ歯の場合は、歯を固定するために金属の留め具が付いているため、審美的にも劣ります。
一方で、保険適用の入れ歯であるため、安価で作製期間も短く、ほとんどの症例に対応できるといったメリットもあります。

金属床義歯

床が金属でできた入れ歯です。
使用する金属には、コバルトクロム(一般的)、チタン(安全性が高い)、ゴールド(薄くて丈夫)などがあります。金属なので耐久性が高く、部分入れ歯の場合、残っている健康な歯への負担も少なくて済みます。厚みもレジンの1/3以下にできるため、食べ物の温度を感じやすく、味覚を損なわずに食事を楽しむことができます。

コンフォートデンチャー(義歯)

硬い入れ歯の裏側を、生体用シリコンというクッション性の高い素材で覆った、全く新しいタイプの入れ歯です。「噛めない」・「痛い」・「外れる」といった従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、歯ぐきを優しく守ってくれます。
現在お使いの入れ歯に加工できる場合もございますので、詳しくは当クリニックまでお問い合わせください。

コンフォートデンチャーは、ココがすごい!

歯ぐきを優しく保護

生体用シリコンがクッションの役割を果たし、デリケートな歯ぐきを優しく保護するため、硬い入れ歯による歯ぐきの血流障害などを緩和してくれます。

噛む力が2倍!

生体用シリコンが歯ぐきにかかる圧力を軽減し、噛んだ時の痛みを和らげてくれます。また、生体用シリコンの弾力が吸盤のような密閉性を生み出すため、外れにくくもなります。これにより従来の入れ歯よりも噛む力が2倍以上にアップし、固いものや弾力性のあるものでも、しっかりと噛めるようになります。

劣化しにくい

生体用シリコンは、心臓外科や形成外科といった他の医療分野でも活用されている素材です。変質や劣化に強く、柔らかさが長期間持続します。

ノンクラスプデンチャー(義歯)

歯ぐきにあたる部分が柔らかく、歯肉の色に近い生体用シリコンでできている、バネのない入れ歯です。
従来の部分入れ歯は、金属のバネを使って固定させるため、口を開けた時に金属が目立ってしまいましたが、ノンクラスプデンチャーならその心配はありません。その上、弾力性もあるため、お口の中にぴったりとフィットします。
ただし、歯の欠損状態によっては、適用できない場合もございますので、詳しくは当クリニックまでお問い合わせください。

ノンクラスプデンチャーは、こんな方におすすめ!

  • インプラントは怖いが、入れ歯にも抵抗があった、30代以上の女性の方
  • 口の中に金属が見えるのが嫌な方
  • 周囲から入れ歯をしていることを気づかれたくない方
  • 入れ歯の汚れや臭いが気になる方
  • ブリッジ治療のように、両隣りの健康な歯を削りたくない方
  • 金属アレルギーが心配な方

磁性アタッチメントデンチャー(義歯)

別名マグネットデンチャーともいいます。入れ歯の土台となる歯の根に金属を、入れ歯側に超小型磁石を埋め込み、磁力で固定させる方法です。着脱が楽な上、強力な吸着力があるため安定性が高く、ガタついたり外れたりすることがありません。また、バネのない部分入れ歯なため、見た目もすっきりと仕上がります。

インプラントオーバーデンチャー(義歯)

あごの骨に数本のインプラントを埋め込み、そのインプラントに入れ歯を固定させる方法です。これにより、入れ歯をしっかりと安定させることができます。インプラントの詳細につきましては、こちらをご覧ください。

入れ歯の仕組み

入れ歯の仕組み

たとえどんな入れ歯であっても、使っているうちに骨が痩せてくれば、いずれは合わなくなってきます。
我慢なさらず、どうぞお早めにご相談ください。nurse

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る

かとう歯科クリニック(難波)

〒542-0076 大阪市中央区難波5-1-5 高島屋西館B1F(なんばスカイオ)