歯周病

歯周病

歯周病について

歯を失う理由

歯周病とは、歯と歯ぐき(歯肉)の隙間から侵入した細菌が、歯ぐきに炎症を起こし、さらには歯を支える骨(歯槽骨)を溶かして、グラグラにさせてしまう病気のことを言います。
歯周病は虫歯と違って痛みが出ないため、気づかないうちに進行していることが多く、歯ぐきからの出血などで気づいた時には、かなり重症化していることがあります。最終的には歯が抜け落ちてしまうこともある恐ろしい病気なのです。
歯を失う原因の約40%は、この歯周病によるものです。

歯周病の進行段階と治療法

軽度歯周炎

歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境目に歯垢が付着すると、歯ぐきに炎症が出てきます。歯ぐきが赤く腫れ、歯磨きの時に歯ぐきから出血してきます。この時はまだ痛みはありません。

<治療法>
●スケーラーという専用器具を使って、プラークや歯石を取り除きます。
●効果的なブラッシング指導を行います。

中度〜重度歯周炎

歯ぐきが赤く腫れて、炎症が悪化している状態で、歯を支えている骨が溶かされ始めています。骨が溶かされることにより、歯周ポケットが深くなります。

<治療法>
歯周ポケット内にこびりついた、歯垢や歯石を取り除きます。その後、ザラついた歯の表面をツルツルに仕上げて再付着を防ぎます。

重度〜末期歯周炎

骨の半分以上が溶けてしまった状態です。歯のグラつきがひどくなり、歯ぐきが下がって歯が長く見えます。口臭もきつくなります。さらに進行すると、周囲の歯も抜け落ちる可能性があります。

<治療法>
歯周外科による、歯槽骨を再生させる手術が必要です。また、進行具合によっては、抜歯が必要となる場合もあります。

歯周病疾患の自覚症状とセルフチェック

「歯周病なんて・・・自分には関係ない」、そんな風に思っていませんか?
実は20代で約7割、30代以上だと約8割の方が、歯周病にかかっていると言われています。初期の歯周病は自覚症状もないため、気づかないうちに進行してしまいます。
次のような症状があったら、歯周病の可能性がありますので、歯科医院で検査を受けていただくことをおすすめいたします。

歯周病セルフチェック〜ご自分の歯ぐきをよく観察しましょう〜

  • 朝起きた時、口の中がネバネバしますか?
  • 歯磨きの時 歯ぐきから出血しますか?
  • 口臭が気になりますか?
  • 歯ぐきが痩せて、歯と歯の間に隙間ができてきた感じがしますか?
  • 歯ぐきが赤く腫れていませんか?(健康な歯ぐきはピンク色で引き締まっています)
  • 歯が長くなったような気がしますか?
  • 歯がグラグラしませんか?

以上の項目に1つでも当てはまったら、歯周病の可能性があります。
歯周病は進行すればするほど治療が困難になり、多大な時間と費用が必要になってきます。早めの発見と治療のためにも、歯科医院での定期的な検診をおすすめいたします。

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る

かとう歯科クリニック(難波)

〒542-0076 大阪市中央区難波5-1-5 高島屋別館(なんばCITY本館2F・中央改札口前)